HOME > 口腔外科

口腔外科

院長の最も得意とする口腔外科の治療は、 安全に第一で、術後の経過がいいことに重視しています 口腔外科は、当院の得意分野のひとつです。

口腔外科は、当院の得意分野のひとつです。医局勤務の頃から現在に至るまで多数の症例を診てきた経験がありますので、患者さん一人一人の症状にあわせて最適な処置が可能です。

こんな症状の患者さんに、得意の口腔外科による処置を行っています。
  • お口の中に腫れ物ができている。
  • 歯ぐきが膿んでいる、腫れている。
  • 口のなかの出来物、腫瘍
  • 歯のケガ、外傷
  • 口が開かなくなった。開けると痛い。
  • 歯に隣接する部分の炎症
  • 金属アレルギー
  • 親不知の抜歯

口腔外科について最も大切にしているのは、まずは適切な診断、そして施術の際は、傷口の整復・洗浄・縫合など後処理を丁寧にやることです。それによって、その後の経過に大きな差が出ます。

腫れ物、出来物、腫瘍

腫れ物、出来物、腫瘍

腫瘍は、良性と悪性があります。診断によって悪性の場合は、総合病院などをご紹介しています。
良性のものは簡単なものならば、当院内でしっかりと治療しています。

歯のケガ、外傷、脱臼

腫れ物、出来物、腫瘍

脱臼した場合には、それを整復して固定します。
自転車で転んだり、どこかにぶつけたりして歯の向きが変わってしまった場合などにも、外科的な処置で元の状態に戻せることもあります。

口が開かなくなった

口が開かなくなった

顎関節症の治療は、一人ひとりの症例にあわせて行っていきます。

親しらずの抜歯

親しらずの抜歯

抜きにくい親しらずは、外科的に歯ぐきを切ったり、骨を削ったりして抜いていきます。
抜くのが困難と判断した親しらずの場合は、総合病院や大学病院の口腔外科をご紹介しています。

歯周病の外科治療

歯周病の外科治療

手術をした場合は、そのときには歯周病が治るのですが、長い目でみたときに再発する傾向があると考えています。もちろん、外科手術により本当に完治する場合もありますので、患者さんの状態に合わせて、外科治療の導入を決定しています。

また、以前ならば手術していたというケースでも、患者さんご本人のモチベーションが高く、普段の手入れが行き届いていると、手術の必要がなくなる場合があります。

歯を支えている歯槽骨が部分的に骨吸収を起こしている場合には、一定の手術の効果はあります。しかし、歯槽骨全体に水平的に強い骨吸収がおきている場合には、手術をしてもあまり効果が期待できないとも言えます。

骨再生について

骨再生について

私は個人的には、歯周病などで骨吸収が起きている場合の骨再生については、「盛り土は崩れやすい」という考え方を持っています。思ったほどには効果は上がらないケースが多い。垂直性の骨吸収などの場合は、手術のあとに骨を入れたり、、人工骨を入れたりすることで良くなることもありますが、当院では、基本的には骨の再生は現在のところあまりお勧めしていません。

例外としては、歯の根っこの先に水の溜まる袋ができる場合がよく見受けられますが、通常、嚢胞摘出術というのを行って治療します。そのあとに人工骨などを入れると治りやすい傾向があります。その場合は、骨再生術も行っています。

悪性腫瘍、ガンについて

悪性腫瘍、ガンについて

口腔内のガンについては、診断で早期発見することが歯医者の役割であると考えています。発見後、すぐに口腔外科のあるところに移っていただき、そこで摘出術を受けていただいています。

早期発見には、異常を感じたら気軽に検査を受けていただくことが大切です。
たとえば、なかなか治らない口内炎ができたというケースや、口のなかに腫れものものができてなかなか治らないというケースです。当院で診断して、疑いがあるということで口腔外科を紹介したところ、ガンだったということもありました。

これまで、30年以上で、3例程度比較的早期の口腔ガンを発見しました。口腔内のガンは患者さん個人では、なかなか発見することができません。口の中に関しては、一番身近に触れる機会を持っているのが私たち歯科医ですから、できるだけ注意してみています。

歯の健康、なんでも相談できるあなたの「かかりつけ医」です。 愛三歯科医院 03-3828-2573 お問い合わせフォームはコチラ
アクセス


大きな地図で見る
東京都文京区千駄木3-50-12

■受付時間
【月火金】
10:00~13:00/14:30~19:00
【水土】
10:00~13:00/14:30~17:00
休診日:木、日、祝
※受付は終了30分前まで。

詳しくはこちら