HOME > 院長/スタッフ紹介

院長/スタッフ紹介

町の歯医者は、「診断」が大切。 「かかりつけ」の歯科医として口腔内の健康を見守ります。
愛三歯科医院院長の鈴木愛三です。

愛三歯科医院院長の鈴木愛三です。
ここ千駄木の地で歯科医院を開業して以来30年間以上、地域の患者さんの歯科診療を続けております。

私が一番大切にしているのは、適確な「診断」を行うことです。

地域のホームドクターというのは、さまざまな症状の方が駆け込んでくる場所です。その時々において間違いのない診断を行うことが、患者さんにとって最初の窓口となる町の歯科医には一番重要なことだと考えているのです。例えば、「上の奥歯が痛い」と言っておいでになった患者さんを審査しても原因がハッキリしない時があります。そんな時には鼻がつまっていないか聞くことがあります。急性上顎洞炎が原因で歯に痛みが出ることがあるからです。実は結構こういったケースは多いのです。



患者さんの年齢層もさまざまです。

この地域は、もともとお年寄りの多い地域ですが、マンションや住宅地に居住されているご夫婦や小さなお子さまなどのファミリー層もたくさんご来院されます。あらゆる年齢層の歯と口腔の症状に対応していくことが求められます。

また、インターネットでたくさんの情報に触れている方が増え、デンタルIQの高い方も多くなってきました。ずっと当院に通っていただいていて、私の流儀や方法をよくご存じの方もいらっしゃいますし、専門的な知識や治療方法を求める方もいらっしゃいます。ひとつの治療をご説明するにも、その人その人にあった形でご説明させて頂いています。

歯科医という仕事は、まさに「患者さん一人ひとりの状態に合わせてオーダーメイドで治療をおこなう」ものです。一人ひとりの抱えている病気や体調、環境などを熟知し、それにあった治療方法をご提供することが大切になります。当院では、既往症や投薬の状態、病気や手術などを受けたかどうかなど、患者さんの全身的な状況もうかがいながら、診察の方法を決定しています。

当院には、無口な私の何倍も、患者さんを理解しているスタッフがいます。

当院には、無口な私の何倍も、患者さんを理解しているスタッフがいます。

スタッフの井合千恵子さんは、30年以上も私とともに患者さんを見つづけています。患者さんは、私に言えないことも彼女になら気軽に喋ったりされます。また、彼女が繰り返し、私からの注意やお願いを患者さんに伝えてくれます。当院と患者さんたちとのコミュニケーションの軸を成しているのは大切なスタッフです。

私は、「自分がやられて嫌なことは、できるだけしないようにする」ことを心がけています。完全にできているわけではないけど、親や兄弟を治療するときのような気持ちで、患者さん一人ひとりにもっとも良い治療をご提供できればと考えています。

ご近所の方で、「かかりつけの歯科医」が見つかっていない方、ぜひ一度、ご来院ください。

院長プロフィール

院長 鈴木愛三 (歯学博士)
略歴

日本大学歯学部卒業
同大学院 口腔外科専攻 博士号修得。その後医局に残り、助手として3年間勤務。

1978年、大学院在籍中、現在の場所に「愛三歯科医院」を開業。
当初は、夜間18時から21時まで3時間だけの診療時間だったが、会社帰りの会社員の方や地域の方などが紹介で来院され、診療は毎晩23時あたりまで続いた。現在まで、通院されている方もいらっしゃる。

1983年 退局。「愛三歯科医院」での診療に専念し、現在に至る。

所属

日本口腔外科学会 所属
文京区歯科医師会 所属

スタッフ紹介

明るく気さく、経験豊富なスタッフは 先生に話せないことも相談でき患者さんは安心です。
井合千恵子さん /助手・受付・事務 居合千恵子さん /助手・受付・事務

当院で、受付と助手を担当している井合千恵子です。
私は、もともと愛三先生の患者でした。家族全員が愛三歯科医でお世話になっています。

主人が虫歯になって歯科医を探していたとき、たまたま友人に当院に歯科材料を納めている業者の方がいらっしゃって、その方から、当時はまだ珍しかった本格的な滅菌システムを導入している歯医者さんがあるということで紹介されたのがきっかけです。
その当時は、ちょうど、エイズや肝炎など感染症についてのニュースが続き、院内感染の問題がクローズアップされていた時代でした。そういうことに敏感だった主人は、一も二もなく愛三先生のところにお世話になることにしたのです。

今、スタッフとして考えると、あの当時、滅菌システムを導入するということは、大変なことだったんですよね。治療に使う機材を、すべて何セットも用意していないと、滅菌している時間に診察できなくなるんです。

口腔外科の処置を行うことが多いというのもありますが、そこまでのコストと手間をかけて、他の医院に先駆けて導入するというのは、それだけ愛三先生の意識の高さだったのでしょう。

患者として通院しているうちに、それまでいらっしゃった受付と衛生士の方がお辞めになるというので、私に代わりにどうかとお声がかかりました。私はもともと商社に勤めていて、結婚して退社。子どもが産まれてからは近くの小学校の事務を短時間勤めていました。お話をいただいて、愛三歯科医院で働くことにしました。

30年間、たくさんの患者さんと接してきました 30年間、たくさんの患者さんと接してきました

もともと、子どもたちやお年寄りが家族にいましたので、患者さんとのコミュニケーションがまったく苦になりませんでした。患者さんは、みなさん愛三先生の技術や丁寧な説明に信頼をおいている人がほとんどです。先生は、お年寄りにも優しくて、玄関に手すりを増設したり、床が滑らないように滑りにくいスリッパを用意したりという心遣いをする方です。

ご来院される患者さんは、慣れている人でも緊張されていますので、少しでも緊張をほぐしていただけるように、笑顔で元気に声がけをするようにしています。「大丈夫ですよ」とか「無理矢理やったりしませんから安心してください」というように。私自身、下町の育ちですので、千駄木のお年寄りとのコミュニケーションは自然にできるのです。

当院ならではの、患者さんとのお付き合いがあります 当院ならではの、患者さんとのお付き合いがあります

あるお年寄りの患者さんで、歩くのが不自由な方がいらっしゃいました。治療終、お帰りになるのが大変そうでしたので、お送りすることにしたのですが、ご自宅まで行くと、エレベーターのないマンションでした。お部屋は3階。
階段は無理だと判断し、「ちょっとおんぶしてみましょうか」とお声かけし、おじいちゃんをおんぶして、3階の部屋までお連れしたことがありました。
その後は、この方の場合は先生が往診するようにしました。

お年寄りだけでなく、子育て中のママさんたちには、私の経験からお声をおかけすることもあります。私自身は、子どもを二人育てていますので、地域のママさんたちのお悩みもよくわかります。
特に、2番目のお子さまが産まれたときに、親御さんが小さなお子さまのほうに愛情を多く注いでいる気がして上のお子さまが幼児返りをすることがありますが、そういうことが診察室や待合室で見て取れることもあります。
そんなときには、ママさんにそういうことですよ、とお教えしたりします。

また、妊婦の患者さんも検診にいらっしゃいますが、いろいろと抱えている不安についても、安心できるようにお声がけすることがあります。

「ここの患者で良かった」と思っていただけるように 「ここの患者で良かった」と思っていただけるように

当院の患者さんは、「谷根千」といわれる谷中、根津、千駄木はもちろんですが、半数の方は都内で23区、さらに遠方から通ってくださいます。ほうぼうたくさんいらっしゃいます。

やっぱり、ここに来て良かったなと思われるような歯科医院でありたいですね。
そう思いながら、患者さんには最後に一声かけて、気持ち良く帰って頂くように心がけています。

秋永梨花/助手・受付・事務 秋永梨花

井合さんに負けない元気さで、頑張る3年目の若手です。
気立てが優しく、よく気がつくと評判です。

歯の健康、なんでも相談できるあなたの「かかりつけ医」です。 愛三歯科医院 03-3828-2573 お問い合わせフォームはコチラ
アクセス


大きな地図で見る
東京都文京区千駄木3-50-12

■受付時間
【月火金】
10:00~13:00/14:30~19:00
【水土】
10:00~13:00/14:30~17:00
休診日:木、日、祝
※受付は終了30分前まで。

詳しくはこちら